FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークフェアの思い出VOL.6

2013年10月03日 00:33

もう一年以上の事になりますが、ロンドンからフランスのパリまで足を延ばして買い付けに行ってきました。
パリのアンティークマーケットといえば大規模で有名なのはクリニャンクールとヴァンプですが、この二つはもちろん土曜日の一日でハシゴしてきました。この二つについては旅行ガイドやインターネットで多くの情報が取れると思いますので、敢えて今回はふれないことにします。

それで土曜日は二つのマーケットを見て回って夕方にはホテルに帰ってきたのですが、収穫は残念ながらイマイチだったので正直言って少しブルーな気分になっていました。宿泊していたホテルの近くにも何軒かアンティークショップがあったので前日に一応チェックはしたのですが、何しろお値段が~!でしたから残念ながらこちらも収穫は無しでした。とりあえず次の日の日曜日のヴァンプには行くつもりにはしていましたが…。

気分はブルーでもお腹はすきます。マーケットのはしごで腹ペコだったので御飯にいかなきゃ、でもその前にサクレクール寺院からパリのパノラマ風景を見てからにしようと私はホテルをあとにしたのでした。私はモンマルトル界隈に宿泊していたのでサクレクールまではそれほど遠くありません。私はゆっくりとモンマルトルの丘に向かって歩いていきました。

モンマルトルの丘への道は夕方のせいもあってか、人(殆どは観光客でしょう)で一杯でした。人波を掻き分けるように歩き始めて数分だったでしょうか?小さな広場に出ると「うん?何かやってる。何だろう」と思わず覗いたら、何とアンティークマーケットをやっているではありませんか!それも、テントのブースが左右どちらの通りにも延々と連なっているではありませんか!もちろんサクレクール寺院に行くのは中止、食事をするのも忘れて店じまいまで粘って買い付けをしました。

paris02.jpg
こんな風に、通りを延々とブースが続いていました。


売られていたのは高級なアンティークからブロカント、ジャンクまでそれこそ何でもでした。ブースの数は100以上はあったのではないでしょうか?この時は4月という時期も幸運でした。ヨーロッパは春から夏は夜9時くらいまで明るいですから店じまいもゆっくりで、夕方から見始めたにもかかわらず多くのブースを見ることができました。マーケットは次の日の日曜日もやっていましたから、見れなかったブースは次の日のお楽しみとしました。


paris01.jpg
このアンティークマーケットの横断幕です。


次の日は前日見ていないブースを見て、同じ主催のアンティークマーケットがマレ地区で開催されていたのでそちらにも行ってみましたが、時間が遅かったのかもうあまり良いものは残っていませんでした。


今回は大規模な常設のマーケットに加えて幸運にも違うマーケットに行くことができましたが、もう少しちゃんと情報を仕入れて行くべきだったと私にとっては良い教訓となりました。パリもロンドンのように日常的にあちこちでアンティークのマーケットをやっているようです。次回行く機会があったらバッチリと計画を立てて行こうと思います。ちなみに私が行った主催のマーケットの情報は、www.spam.frのサイトで見る事ができます。フランス語ですが、最寄の地下鉄駅が記載されてあるのでわかり易いです。パリに行く機会があって、スケジュールが合うようでしたら是非覗いてみてはいかがですか?

最後にこのパリ旅行ではしばらくぶりのパリだったのに、結局サクレクールには行かずじまい。凱旋門もエッフェル塔も見ませんでした。それだけがちょっと心残りでした。ま、アンティークマーケットは堪能できましたから私的には☆4.5の旅でした。パリにはまた近いうちに機会を見つけて訪れたいと思います。




スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。