スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークフェアの思い出 VOL1-2

2010年07月17日 06:00

テットベリーのフェア

いよいよフェア当日、ケンブル駅からチャーターしたタクシーで会場のウェストンバート女子校へ。
受付でパンフレットをもらって会場の中へ入りました。

この日のストール数は約60で家具、絵画、陶磁器、ジュエリー、シルバーなどオーソドックスなものが多かったですが、50年代のヴィンテージのちょっとおもしろい陶磁器を売ってるブースもあって目立っていました。

ディーラーは比較的近場のサマセット以外にもロンドン、ヨークシャー、デボン、ケントなどいろんな地方から集まってきているようでした。

客層は平日の午前中のせいか、多くはご近所に住んでいる年配のご夫婦でした。雰囲気的にはリタイアしてこの美しい村に居を構えた裕福な人達といった感じ。だから会場内はとてもなごやかな雰囲気でした。ちなみにアジア系の客は私ただ一人、日本人のディーラーの方に出会うこともありませんでした。

この日の私の収穫というと、ヴィクトリアンのカップ&ソーサーが数点でした。それに、ノーダメージでとても素敵なジョージアンとヴィクトリアン初期のカップ&ソーサーを見せてもらったことです。多分どこかのお屋敷にずっと置かれたままになっていたのでしょう。殆ど使われてなくて完璧なコンディションでした。きっとお高いんだろうなーと思いつつお値段を聞いてみたら、やはり当店で生活にいかせるカップとして売るには非現実的な値段でした。

仕方なくあきらめて、それから色々と見て回っているうちにタクシーとの約束の時間がやってきて、カフェでお茶もしないで会場をあとにしました。その後はテットベリーのアンティーク屋さんをまわって少しの買い付けをしてロンドンに帰ってその日はおしまいでした。

限られた日程で買い付けに行っているので、買い付けるアイテムを確保しようと思うとどうしても大きなフェアが優先となってしまって、残念ながら最近はこういうこじんまりとしたフェアには中々行けないでいます。もし、またこういう可愛らしいフェアに行く機会があればまたブログでご紹介したいと思います。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://littlee08.blog14.fc2.com/tb.php/14-a3af032c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。