スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティークフェアの思い出VOL.8

2014年05月09日 17:11

――― トンゲレン(ベルギー)の蚤の市 ――― 

今回は以前より気になっていたベルギーのトンゲレンのアンティークマーケットに行ってきました。

tongeren01.jpg
トンゲレン駅のホーム

トンゲレンは、バイキングが開いたベルギー最古の町として有名ですが、ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)最大のアンティークの蚤の市があることでも知られている町です。最大のアンティークの蚤の市と聞くと、業者としては一回は行ってみたいと、前々から思っていた場所なのです。で、2014年の春、ついに決行となりました。

トンゲレンの蚤の市の開催は毎週日曜日の朝6:00~正午頃までなので、土曜日の朝のブリュッセルのアンティークマーケットを見た後、夕方にトンゲレンに入って一泊することにしました。ブリュッセルからトンゲレンまでは、ブリュッセルからベルギー国鉄の電車で約2時間。週末はチケットが半額になる太っ腹なのですが、その代わり1回か2回乗り換えをしなくてはいけない電車しかありませんから(乗り換え間隔も数分なのであせります)注意です。私は日本からベルギー鉄道のWEBでチケットを購入して行きました。

そして、土曜日の夕方トンゲレンに無事到着。駅から歩いて数分のホテルにチェックイン後、町の中をそぞろ歩いてみましたが、町に入ってくる車も多く、レストランも人で一杯でした。みんな明日の蚤の市のことを思ってワクワクしているのでしょうか?何だか町に高揚している雰囲気が漂っていて、それにつられて私もベルギービールを沢山いただいてしまいました。普段はとても静かな町なのだと思いますが、土日はまったく別な町になるのでしょうね。

そして日曜日当日、早起きして出動態勢を整えていたのですが、6時になっても外はまだ真っ暗。この暗闇の中、本当にやっているのかしらん?と疑いながら、とにもかくにもホテルを出ました。私が泊まっていたホテルは、蚤の市のど真ん中にあるホテルだったので、出るともうすぐにストールがありました。でも、暗くてよく見えないので、とりあえずインドアのストールから見ることに。


tongeren02.jpg
インドアの会場の様子です


トンゲレンの蚤の市では、インドアの会場は2つあります。アウトドアのストールに比べると、やはり高級品が多かったように思います。出店料も外よりは高いのでしょうからあたり前ですけど…。インドアのストールでの買い付けが終わって外にでるとすっかり明るくなっていました。さあ~、これよりアウトドアでの買い付けです!


tongeren03.jpg
トンゲレン駅から蚤の市に歩いてくると、つきあたる広場です


トンゲレンの蚤の市全体は、アルファペットのPを反転させたような形をしています。
そのPの通り沿いにずらりとストールが並びます。


tongeren04.jpg
私が泊まったホテルの前の通りです



tongeren05.jpg
こんな風にず~とストールが続きます。

ストール数は全部で300位あったと思います。高級品からブロカントまで、品揃えは色々でした。
午前中で3回見て回っても充分時間は足りると思います。普段は英国の巨大なフェアに行くことが多いので、
規模的には少し物足りませんでしたが、何よりもゆったり、まったりとしたトンゲレンの空気というか雰囲
気がとても心地良くて、いつかまた機会があればビールを飲みに(もちろんアンティークも!)来てみたいな、
と思わせてくれる町でした(できればもっと円高の時に)。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://littlee08.blog14.fc2.com/tb.php/32-2eb3a4e4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。